脱毛対策として使用したルミガンやミノキシジルについて

脱毛対策として使用した薬や成分のルミガンやビマプロストやミノキシジルやリアップがあります。ルミガン0.03%はまつ毛育毛剤です。有効成分となるビマプロストは、まつ毛の育毛剤として開発が進められ、多くのまつ毛育毛剤に使用される成分となっています。最悪です!脱毛ワックスでムダ毛は脱毛しきれず、肌荒れになる

 

使用方法は、まつ毛に1日1回塗るだけで太く長いまつ毛へと成長していくこととなっていますが、使用量を間違ってしまいまして、まつ毛やほかの毛の多すぎる成長につながってしまい脱毛対策の失敗をしてしまいました。日本国内においてもミノキシジルを成分とした内服薬であるロレ二テン及びそのジェネリック医薬品は未認可の薬で、本来の用途は高血圧の治療のための血管拡張薬で、服用する事によって重篤な症状を引き起こすので注意が必要といわれています。
脱毛エステ12
副作用としては脱毛に対抗する薬ですから最も一般的な副作用は頭皮の痒みで、ミノキシジルなどの外用薬に含まれる基剤成分プロピレングリコールに対するアレルギー反応が見られ、薬液の使用箇所におけるニキビの発生、頭痛、意識朦朧、多毛症、性的不能、重い低血圧、不整脈、動悸、皮膚の紅潮、霞み目手、足、顔のしびれや、痛み、性欲減退胸の痛み、急速な体重増加、下肢、手、足、顔のむくみなどが起こり、トレチノインやワセリンと併用すると薬剤の過剰な吸収が起こりえることが知られ、ミノキシジルの使用中は脱毛を止められますが、使用をやめるとまた起こり始めます。

 

また、成分が母乳中に移行するため、リアップシリーズでは授乳する乳児がいる場合での使用は禁忌であるといわれていますが、そういったことも頭の中には入っていなかったのでリアップの使用によって数個の副作用がでてしまい、脱毛対策としての大失敗をしてしまいました。脱毛対策として使用する薬剤の副作用や使用方法などの知識を持つべきだなと思います。
脱毛エステ13